似合う髪型を知りたい・わからない方 一生に一度しか作る事のできない赤ちゃんの筆 Coupon
Style gallery スタッフ紹介 ご予約について Birth会員特典 ブログ
YouTubeチャンネル

HOME > 美容室バース > ビジネスブログ > 顧客リストをどう活用するか!

美容室バース

< ビジネス歴史を勉強  |  一覧へ戻る  |  どんな言葉が心にささるか! >

顧客リストをどう活用するか!

私がビジネスにおいて

良書と思う物を紹介しています

     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です


そこには、奇妙で不公平な世界があります。
brt.jpg

あるところでは、
1年中働きぱなしで
今にもおかしくなってしまいそうな人がいます。


上司やクライアントの
決められたルールの上で働き、
1日のほとんどを拘束されます。

ストレスもかかり、仕事はキツイ。

それでいて収入はわずかです。

今後も収入が増えるかどうかわかりません。
(将来会社がどうなるかもわかりません)


一方で全く違った生き方をしている人もいます。


彼らは自分自身のルールで生きています。


彼らは誰からも拘束されることなく、
働きたいように働いています。


働きたい時に、働きたい場所で働いています。
そして、働きたい人たちと一緒に働いています。
それに高い収入を得ています。


それだけではありません。

彼らは旅行に行ったり、
家族と過ごしたり、
趣味や人生を楽しむための時間も
たっぷり持っています。


さて自由を手にしている人は
何が違うのでしょうか?


そうです。秘密はあります。

そしてその秘密をあなたに伝えるために、
私は今日、これを書いているのです。

それは、不動産投資や株式投資などの投資の話ではありません。
それは、コンサルティングやコピーライティングではありません。
それは、不労所得を得る方法ではありません。

その秘密とは何でしょうか?
あなたに自由をもたらすビジネスとは何でしょうか?

それは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/XrdQWKwm/

カテゴリ:

< ビジネス歴史を勉強  |  一覧へ戻る  |  どんな言葉が心にささるか! >

同じカテゴリの記事

今一度組織を強くしませんか?

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
btl.jpg

ザッポスという会社をご存知でしょうか?


この会社は靴の通販で大成功を収めて
売上1000億にまで急成長し
最終的にAmazonが買収した会社です。


急成長の秘密は顧客満足度がとても高く、
通販でリッツカールトンやディズニーランド
レベルの顧客サービスを実現しています。


それだけでなく社員満足度も異常に高く、
働きたい人が募集枠を求めて
空きが出るのを待っているそうです。


社員全員が幸せだからこそ
顧客にも幸せを届けることができる
というわけです。


優秀な人材が向こうから集まってくる会社は
やる気のない社員ばかりで成り立っている
会社とは勢いもパワーも全然違います。


Googleなどがその分かりやすい例です。


そのザッポスのCEOトニーシェイが
「ザッポスで無意識にやろうとしていたことが
体系化されている」
と絶賛した本がこの「トライブ」です。


人の問題で困っている人にとっては
とてもオススメできる本です。
↓ 
http://directlink.jp/tracking/af/1516348/FxOrZBp4/

今の会社のシステムは常に最新ですか?

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
bpu.jpg

もし、あなたの会社の売上がしばらく頭打ちで、
少しでも油断すると売上が下がってしまう必死の状態なら、

そして、そんな状況を
なんとかしたいと思っているなら、

この本はあなたの会社を変える
一冊になるかも知れません。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/W9n26Z5I/


会社の売上というのは起業当初の
がむしゃらな時期はどんどん伸びるのに、
ある時期を境にぱったり伸びなくなります。


ほとんどの社長はこの問題を
企画力や営業力、商品のラインナップが
足りてないのが原因と考えます。


ですので、新しい商品を作ったり、
新規顧客の獲得に力を入れたり、
値引きキャンペーンなどを企画して
横ばいの売上をなんとか伸ばそうとします。


ところが、そんなことをしても
残念ながら上手くいきません。


実は売上を伸ばすための鍵は
全く違うところにあるからです。


その鍵とは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/W9n26Z5I/


ウォール・ストリート・ジャーナル、
ビジネスウィーク、USA Today、Amazon
でベストセラー。


amazon.comレビューも 4.5の良書です。
是非チェックしてみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/W9n26Z5I/

金持ちの仕事術を教えます

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
bds.jpg

ノウハウやビジネスチャンスを知っても
誰もが成功するわけではありません。

残念ながら成功する人はごく一部の人です。


この違いは何でしょうか?


それは行動するかしないかの違いです。

ノウハウやビジネスチャンスが
目の前に転がっていても
ほとんどの人は行動しないがために
成功という結果を得ることができません。


「そんなことは分かっている。」

もしかしたら
そう思われたかもしれませんね。


では、一体なぜ
行動できる人とできない人がいるのか
その違いは何か、考えてみたことはありますか?


成功できる人は行動力があって
できない人は行動力がないからだ。

と考えるかも知れません。


それはそれで事実なのですが
ではもっと突き詰めて、行動力とは何か
行動力を上げるにはどうすればいいか
考えてみたことはありますか?


それがこの本に書いてあります。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/dVZwZj1O/


この本の凄いのは精神論ではなく
統計データや各種データを元に
行動するための実践方法が
事細かに書かれているところです。


ベンジャミン・フランクリンの
1日の時間の使い方なんて、
普通の本には書いてませんからね。

実に興味深い内容です。


プラス思考やモチベーションといった
漠然とした話は一切出てこずに

全てデータに裏打ちされた、ある種「科学的」な
具体的で合理的な行動原則だけが書かれています。


この本の著者は、億を越える年商の会社を
運や偶然ではなく非常に高い再現性で
「何社も」成功に導いてきた
マイケル・マスターソンという人。


アメリカで唯一天才と言われたマーケッター
ジェイ・エイブラハムでさえもリスペクトする、
ただ一人の起業家として知られています。


そんなマスターソンだからこそ知っている
ゼロから成功するまでの効果が実証済みの
優れたアイデアと実際に役立つ手法が満載です。


ぜひ、手に入れておいてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/dVZwZj1O/

行動しないと分からない

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
boa.jpg

成功者には、ある共通する秘密があるのをご存知でしょうか?

世界一の億万長者メーカーとも言われるダン・ケネディによると
大成功を収めた人のほとんどがこの秘密を持っているそうです。

その秘密とは・・・ 
それは「失敗」です。

しかも、大成功する人ほどその成功に見合うほどの大失敗をしています。
しかし、大事なのは失敗したときにどうやって逆転するかということです。

失敗した後に逆転できなければ、ただの借金まみれの人生だからです。

ケネディによると失敗で「あること」に気付いた人だけが、逆転して成功者になることができるそうです。
ケネディが言う「あること」とは?

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/Du5yBfaa/


あなたのビジネス戦略は何ですか?

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
bob.jpg

ビジネスで成功するために
一番大事なものはなんだと思いますか?

商品でしょうか?
知識でしょうか?
それとも人脈?

もちろんどれも大事ですが、
実は一番大事なのはビジネスに対する
マインドセット(考え方)です。

このマインドセットが弱いとどんなにいい商品や
並外れた知識があっても成功できません。

逆にマインドセットが強いだと多少のハンデを
乗り越えることもそう難しくありません。

億万長者メーカーのダン・ケネディはこの本の中で
延々とマインドセットの話をしています。

もし、商品もあって知識もあるのに上手くいかない。
そんな方はこの本を読んでみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/58EAFXDf/

このページのトップへ