似合う髪型を知りたい・わからない方 一生に一度しか作る事のできない赤ちゃんの筆 Coupon
Style gallery スタッフ紹介 ご予約について Birth会員特典 ブログ
YouTubeチャンネル

HOME > 美容室バース > ビジネスブログ > あなたは会社に投資しますか?社員に投資しますか?

美容室バース

< 市場独占する簡単な方法  |  一覧へ戻る  |  【やっぱり似合う髪型がいい】 >

あなたは会社に投資しますか?社員に投資しますか?

私がビジネスにおいて

良書と思う物を紹介しています

     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます

一緒に勉強しましょう!


   吉田和晃です


いい戦略/普通の戦略
bsu.jpg

大富豪で世界一の投資家ウォーレン・バフェットが
絶対に投資しない業界があります。


それが「航空会社」です。


彼は1989年に行ったとある航空会社への投資を
「間違いだった」と言って以降、
航空会社への投資を一切していません。


ビジネスモデルが「極端」で利益が出るはずがない、
というのです。


事実、業界の利益率はめちゃくちゃ悪く、
業界別の平均営業利益率ランキングを見ても、
航空業界はワーストグループの常連。


2000年以降の航空業界の平均営業利益率は
マイナスになっている時も多くあります。


そんな中、

1973年以降、米国の景気の動向にかかわらず
黒字経営を続ける数少ない航空会社があります。


サウスウエスト航空です。


創業2年目から40年以上連続で黒字。

1991年湾岸戦争、90年前半の不況、
2001年同時多発テロ、2003年イラク戦争、
2000年中の原油高、2008年金融危機後の大不況の間、
利益を計上し続ける。
(航空業界は2001〜2005、
2008、2009年に赤字を計上している)


1972年〜2002年の投資収益は
全米すべての上場企業の中で最大。

最も働きやすい会社、全米ナンバーワン獲得。

求人採用倍率44.5倍(合格率2.2%)。


など、航空業界で飛び抜けて優秀な会社です。


その理由は「戦略」にあります。


教科書にもたびたび登場し、
「戦略の古典的名作」と賞賛される同社の戦略とは
どんなものなのでしょうか?

========================
※新刊本「スケーリング・アップ」p154
戦略の7階層 より

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/ZqYC8BMT/



この航空会社には競争相手が真似できないような、
いくつかの特徴的な活動がある。


事前の座席の指定ができないうえに、
サウスウエストは1種類の機体しか飛ばしていない。


(これによって修理に必要な部品の数は少なくなり、
パイロットのトレーニングや交代も容易になる)


また、着陸手数料を安くするために、
主要空港ではなく二番手の空港を使い、


もっと費用のかかるハブ・アンド・スポーク方式
(中心となるハブ空港から周辺空港に便を飛ばす)ではなく、
2地点間のフライトを好む。


このように、サウスウエストは
乗客にあらゆる不便を我慢させる
風変わりなカルチャーを築いている。

========================

サウスウエストは、座席の事前指定もなければ、
機内サービスもドリンクと
スナックといった最低限のものだけ。


また、同社のターン時間はわずか15分。


「ターン時間」とは、

空港についた航空機が、ゲートに到着し、乗客が降り、
機内の清掃と燃料補給、荷物の積み下ろしと積み込み、
機体の検査が行われ、乗客が乗って、
再度飛び立つまでの待ち時間のこと。


これは、競合他社の平均の半分から
3分の1という短さです。


=======================
※新刊本「スケーリング・アップ」p154


これらの活動は競争優位を保つ防衛策
としても機能している。

なぜなら、他の航空会社は、
すでに複数の機種の航空機に投資し、
事前の座席指定サービスを提供し
(すでに実施しているサービスを取りやめるのは難しい)、

着陸料の高いハブ空港に縛り付けられ、
不満だらけの従業員を抱える
カルチャーを築いているからだ。


重要なのは、自分の業界で「どのように」、
競争相手が真似できないような方法で
製品やサービスを提供するかだ。


サウスウエスト航空の活動が同社のワンフレーズ戦略

「ホイールズ・アップ(飛行機は、飛んでいなければ利益を生まない)」

から生まれたものであることに注目してもらいたい。


それが利益に繋がる結果の達成を助けている。
戦略の7階層のそれぞれの層が、
互いのうえに気付かれ、補強しあっている。

=======================

「戦略」を作る目的は、
長期、継続的な利益を生むことです。


そして、良い戦略とは、
業界平均よりも大きな利益を生みます。

さてあなたの会社の戦略は、
「いい」戦略?「普通の」戦略?


サウスウエストの戦略を参考に、
考えてみてはいかがでしょうか…



新刊本「スケーリング・アップ」では、
少なくとも業界平均の3倍の利益を生む、
「非常にいい」戦略の作り方を教えてくれます…

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/ZqYC8BMT/

カテゴリ:

< 市場独占する簡単な方法  |  一覧へ戻る  |  【やっぱり似合う髪型がいい】 >

同じカテゴリの記事

今一度組織を強くしませんか?

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
btl.jpg

ザッポスという会社をご存知でしょうか?


この会社は靴の通販で大成功を収めて
売上1000億にまで急成長し
最終的にAmazonが買収した会社です。


急成長の秘密は顧客満足度がとても高く、
通販でリッツカールトンやディズニーランド
レベルの顧客サービスを実現しています。


それだけでなく社員満足度も異常に高く、
働きたい人が募集枠を求めて
空きが出るのを待っているそうです。


社員全員が幸せだからこそ
顧客にも幸せを届けることができる
というわけです。


優秀な人材が向こうから集まってくる会社は
やる気のない社員ばかりで成り立っている
会社とは勢いもパワーも全然違います。


Googleなどがその分かりやすい例です。


そのザッポスのCEOトニーシェイが
「ザッポスで無意識にやろうとしていたことが
体系化されている」
と絶賛した本がこの「トライブ」です。


人の問題で困っている人にとっては
とてもオススメできる本です。
↓ 
http://directlink.jp/tracking/af/1516348/FxOrZBp4/

今の会社のシステムは常に最新ですか?

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
bpu.jpg

もし、あなたの会社の売上がしばらく頭打ちで、
少しでも油断すると売上が下がってしまう必死の状態なら、

そして、そんな状況を
なんとかしたいと思っているなら、

この本はあなたの会社を変える
一冊になるかも知れません。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/W9n26Z5I/


会社の売上というのは起業当初の
がむしゃらな時期はどんどん伸びるのに、
ある時期を境にぱったり伸びなくなります。


ほとんどの社長はこの問題を
企画力や営業力、商品のラインナップが
足りてないのが原因と考えます。


ですので、新しい商品を作ったり、
新規顧客の獲得に力を入れたり、
値引きキャンペーンなどを企画して
横ばいの売上をなんとか伸ばそうとします。


ところが、そんなことをしても
残念ながら上手くいきません。


実は売上を伸ばすための鍵は
全く違うところにあるからです。


その鍵とは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/W9n26Z5I/


ウォール・ストリート・ジャーナル、
ビジネスウィーク、USA Today、Amazon
でベストセラー。


amazon.comレビューも 4.5の良書です。
是非チェックしてみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/W9n26Z5I/

金持ちの仕事術を教えます

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
bds.jpg

ノウハウやビジネスチャンスを知っても
誰もが成功するわけではありません。

残念ながら成功する人はごく一部の人です。


この違いは何でしょうか?


それは行動するかしないかの違いです。

ノウハウやビジネスチャンスが
目の前に転がっていても
ほとんどの人は行動しないがために
成功という結果を得ることができません。


「そんなことは分かっている。」

もしかしたら
そう思われたかもしれませんね。


では、一体なぜ
行動できる人とできない人がいるのか
その違いは何か、考えてみたことはありますか?


成功できる人は行動力があって
できない人は行動力がないからだ。

と考えるかも知れません。


それはそれで事実なのですが
ではもっと突き詰めて、行動力とは何か
行動力を上げるにはどうすればいいか
考えてみたことはありますか?


それがこの本に書いてあります。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/dVZwZj1O/


この本の凄いのは精神論ではなく
統計データや各種データを元に
行動するための実践方法が
事細かに書かれているところです。


ベンジャミン・フランクリンの
1日の時間の使い方なんて、
普通の本には書いてませんからね。

実に興味深い内容です。


プラス思考やモチベーションといった
漠然とした話は一切出てこずに

全てデータに裏打ちされた、ある種「科学的」な
具体的で合理的な行動原則だけが書かれています。


この本の著者は、億を越える年商の会社を
運や偶然ではなく非常に高い再現性で
「何社も」成功に導いてきた
マイケル・マスターソンという人。


アメリカで唯一天才と言われたマーケッター
ジェイ・エイブラハムでさえもリスペクトする、
ただ一人の起業家として知られています。


そんなマスターソンだからこそ知っている
ゼロから成功するまでの効果が実証済みの
優れたアイデアと実際に役立つ手法が満載です。


ぜひ、手に入れておいてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/dVZwZj1O/

行動しないと分からない

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
boa.jpg

成功者には、ある共通する秘密があるのをご存知でしょうか?

世界一の億万長者メーカーとも言われるダン・ケネディによると
大成功を収めた人のほとんどがこの秘密を持っているそうです。

その秘密とは・・・ 
それは「失敗」です。

しかも、大成功する人ほどその成功に見合うほどの大失敗をしています。
しかし、大事なのは失敗したときにどうやって逆転するかということです。

失敗した後に逆転できなければ、ただの借金まみれの人生だからです。

ケネディによると失敗で「あること」に気付いた人だけが、逆転して成功者になることができるそうです。
ケネディが言う「あること」とは?

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/Du5yBfaa/


あなたのビジネス戦略は何ですか?

私が良書と思う物を紹介しています
     ↓
東京都渋谷区で美容室を経営してます
   吉田和晃です
bob.jpg

ビジネスで成功するために
一番大事なものはなんだと思いますか?

商品でしょうか?
知識でしょうか?
それとも人脈?

もちろんどれも大事ですが、
実は一番大事なのはビジネスに対する
マインドセット(考え方)です。

このマインドセットが弱いとどんなにいい商品や
並外れた知識があっても成功できません。

逆にマインドセットが強いだと多少のハンデを
乗り越えることもそう難しくありません。

億万長者メーカーのダン・ケネディはこの本の中で
延々とマインドセットの話をしています。

もし、商品もあって知識もあるのに上手くいかない。
そんな方はこの本を読んでみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1516348/58EAFXDf/

このページのトップへ